チョメチョメ

今の自分を言葉で表現するのにぴったりな言葉があるけど、文エフェのなかではそこそこグロい方だと思ってるので、シンゴ・ヤマシロ風にしてみた。つか、「チョメチョメ」って言葉もQMAで出なかったっけ・・・?

フォーン屋のオワコン具合、どうにかしなきゃならんのに七三(店長)がダメダメ。俺が何かする権限はまだない。(ちょっとコミックの並べ方をいじっただけで無言のプレッシャーが)

つかさ、LEDでバイクもデコる(笑い)んですね・・・。馬鹿でかい音量でよくわかんない音楽垂れ流しつつ電波塔に突撃してますが。

仕事終わった後のフォーン屋の通用口のあたりは、ひどいぞ。老いも若きも地べたに座りこんで、酒とタバコでギャハハしてるなんてにちじょうちゃめしどき。

そんな感じなので常にピキピキしてる日々が続きましたが、なんかどうでもよくなった。麻痺属性のGUN攻撃された感じ。

フォーン屋も「GKシフト」(「王シフト」みたいなもん)なのかよくわかりませんが、休みが増えました。

積極的に後ろ向きだぜ’12年夏の俺!(漫玉日記より、なんですが、原文では90年代だったような気がして・・・凹みんぐ)

深夜の新宿花園神社で、仕事論を戦わせ(「ブーツのための仕事」VS「魂のち○○こ」)、O村にぶん殴られる→資本主義に目覚める→株に手を出す。ダメだな。

明日(明けて今日)は七三がセミナーに行くから、また俺がレジ番ですねー。そのセミナーがさぁ、「選挙前になると何故か急に電話してきたり、同窓会をやろうとか言い出す」クラスタの出版部門のらしくてさ・・・。あれ、これもうどうしようもない状況が出来上がってるのか?

プロギアがんばるよ。多分今が最後の機会。ランデヴーは一度きり。セカンド・チャンスは無い。(宇宙っぽい映画風に)

こないだ日記に書いた(と思う)『南極点のピアピア動画』を、薦めた立場として読まねばならんと思っていますが、買った直後に部屋を掃除しましてね・・・。どこにあるかわからないんですよね・・・。

ハードなSFらしいです。ちょくちょく売れてるみたいで、何回も補充されてるんですが、中学生が表紙買いとかしてたら申し訳ねぇ!ラノベとSFは、親和性はあると思うけど、やっぱ別物ですよ。『猫の地球儀』(ラノベ)もSF読みからしたら「どこが?」くらいの温度差があったそうです。

そして!リバウンドが深刻化!寒天と蕎麦を主食にする日々が—再開—ですな。

そんなこんなですが、フォーン屋にわざわざ来てくれる友人もいてありがたい限りです。直接言うの忘れちゃったけど、やぶそば君のお姉さんとフォーン屋早番担当の奥様が中学の同級生だそうですw。地元にも程があるだろ!『じょしらく』とか面白そうですよー。俺がまだ読んでない&アニメ化で漫画も品薄ですが。女子落語でじょしらくですな。

じゃあまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

12 − one =