2回目の香港ひとり旅

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週も香港に行って来ました。いろんな交通機関を試してみたかったので今回はバスで行きました。

価格は90元ちょい。電車で行くより少し安いくらい。時間によっては60元になるようです。街中のバス乗り場でチケット売り場のおばちゃんから中国語が全くわからないけど無理やりチケットを購入。こう言うのだいぶ慣れてきました(ォィ

朝8時35分発のバスでしたが深圳のイミグレに着いた時には10時半で順調と思いきや、イミグレが大混雑。香港の街中についた時には12時過ぎてました。やはりバスは難しいと痛感。

まずは香港の電気街である深水埗へ。露店で香港SIMカードをゲット。30日用で160HKD、二千円ちょいってところです。これで3GBなのでちょっと高いような気もしますが、本土でもローミングで使えるのがミソ。Google, Twitter, FacebookなどがVPNなしで使えます。これは便利。

そして香港にはそごうがあるという情報を事前入手していたので早速行ってみました。中は確かにそごう。むかし錦糸町にもありましたね、すぐに潰れてしまいましたが。書籍売り場を覗くと日本語の本がいっぱい。売り場のポップも日本語。「鉄道ファン」などのマニアックな本までありました。同じフロアには「メガネは顔の一部です」でお馴染みの東京メガネまでありました。いや、お腹壊してたのでトイレ借りただけだったのですが。

スッキリした後の腹ごしらえと思って人気という牛バラ麺を食べに行ったら大行列。諦めて近くをブラブラしてるとゲーセンを発見。入りづらい佇まいでしたが特攻してみました。中は日本のゲーセンとほぼ同じ。maimaiとかあってまるで日本にワープしたみたい。結局、先週と同じ近くの「太興」でローストポーク飯。皮がパリパリでうまい。

その後、香港名物二階建バスで定番観光地のビクトリア山の頂上へ。今日は天気が良かったので絶景でした。ここからの夜景の眺めはかの有名な「100万ドルの夜景」なのですがなにぶん夏至近くで7時過ぎにならないと日が沈まないので冬のお楽しみにとっておくことにしました。

帰りはいつも通り東鉄線と和諧号。やっぱりこれが一番スムーズのようです。というわけで今回はかなり香港を満喫できました。