ATOK2008の表現モードで悩む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ATOK2008は表現モードを一般にしてもある程度のくだけた表現ができるのが売りだそうです。今までは表現モードを「話し言葉関東」にしていたのですが、今テストをかねて「一般」にしています。

今のところ特に問題は発生していませんが、表現モードを変更するといったい何が変わるのかちょっと気になります。

ま、このPCでフォーマルな文章を書くことはほとんどないのであまり気にせずに話し言葉にしておいてもいいとは思いますが。

ヘルプを読んだら、変換の仕方が変わるのと校正支援機能の効き方の違いがあるみたいです。ということでMessengerと日記を書くときに使っている「Windows Live Writer」の時だけ「話し言葉関東」にすることにします。

「話し言葉関東」をちょっとだけテスト。

しもつかれはうまいべ。

このごじゃっぺが。

朝っぱらから何しやがってるんだい。(「る」がないと変換できない)

しびや→日比谷、しおしがり→潮干狩り

う?ん、「ひ」と「し」が全く区別つかないうちのかぁちゃんに使わしてあげたい。