港珠澳大橋渡ってきた

世界最長の海上橋だそうで、せっかく近くにできたので渡ってきました。

まずは珠海まで広州南から高鉄で。相変わらずアホみたいに並ばされます。「とある魔術の禁書目録Ⅲ」(ATOK for iOS が難なく変換しやがる…)を鑑賞しながら行列で時間を潰します。2話目の途中まで来たところで自分の順番が来たので気合いで購入。70元なり。

200km/hまでしか出せない通勤型新幹線みたいな列車(これも和諧号)で1時間。珠海駅は櫛形ホームの典型的なターミナルです。本当に中国大陸の端なんだなという実感がわきます。

そこから洪北口岸のイミグレを通って、やっとのことでマカオに着きます。ねぇ金太まだ?と聞きたくなる気もわかります。

今日は橋を渡るのが目的だったのですが、折角なのでカジノデビューしてみました。でも、軍資金をATMで下ろそうとしたら(中国本土の)身分証が必要などと言い始めておろせませんでした。というわけで仕方なしに財布に入っていた数百香港ドルをかけてサイコロをやってみました。よくメダルゲームでありそうな機会を相手にする奴。

ま、beginner’s luckもなく盛り上がりもなく普通に終了。ま、カジノ童貞を捨てられただけでもよしとします。

というわけで本日のメインイベント、港珠澳大橋を渡るバスに乗車。今回はシャトルバスではなく香港の街中まで直通の「港澳一号」をチョイス。

カジノの出口でチケットを買ってしばらく待つと新し目のバスが来ました。よくある中国本土のメーカーではなくスカニア製のバスが来ました。フェリーターミナルの横を通過するのですが、市街地コースのピットとメインスタンドができていました。F1開催するんでしたっけ?

で、出発して10分ちょっとでマカオ出境のイミグレへ。真新しい建物ですがガラガラであっという間に通過。またバスに乗り込むと右側通行になります。で、延々と橋が続きます、もう本当に延々と。昔、しまなみ海道を車で走ったことがありますが、島がないしまなみ海道みたいな感じです。アクアラインより圧倒的に長い!しかも片側三車線。中国パワーを見せつけられてしまいました。

で、トンネルを抜けて香港空港を左手に見ながら結構香港の中を進んでいくとようやく香港のイミグレの巨大な建物に到着します。建物は巨大だけれどもやっぱりガラガラ。ここも瞬間で通過します。またバスに戻ると今度は左側通行に戻ります。香港の高速道路を進んでようやく鑽石山駅に到着。ここで下車。

電車で西九龍に向かって高鉄の切符を購入。

夕食は気になっていた「かつや」でカツ丼と豚汁。久々に卵でとじてあるカツ丼が食べられました。

今日は西九龍のイミグレは多少ましで30分程度で通過できました。でも1時間前にいかないとちょっと怖いですね。300km/hで走る割には100kmちょいを1時間かけて走る高鉄で広州南へ帰ります。

というわけで今日は珠江デルタを日帰りで満喫してしまいました。結構1日で楽しめますね。(趣味的に)面白かった!

コメント