深圳イルミネーション

深圳 改革開放40周年イルミネーション

今日も深圳に来ております。今日の目的はズバリ中国のイミグレにある自動化ゲートを利用申請と、この間途中からしか見れなかったイルミネーションです。

どうやらこのイルミネーション改革開放40周年の記念らしく年内いっぱいで終わってしまうらしいです。

で、今日も広州東から深圳までさっさと移動しちゃいます。

九龍-上海の列車。何時間かかるんだろう。

いつものCRH1型、今日は1等車

今日はほどほどの乗車率

九龍-上海の列車は長大編成

Ktt、たまには乗りたい

中国らしい風景

深圳、口岸と商業城

口岸へ向かいKFCの先を右に曲がると自助通関(自動化ゲート)の申請窓口があります。中国は6ヶ月以上の居留許可があれば申請できるそうです。ここで順番待ちカードを受け取り待つこと15分、番号が呼ばれたら窓口で書類の記入と写真撮影、それから指紋の採取が行われ、無事登録ができました。次回から外国人用窓口に延々と並ばされることもなさそうです。

この先を右に曲がります。ちょっとわかりづらい。

というわけで、取り敢えずちょっと気になっていた「バリうまラーメン」へ。中国(というか日本でも)珍しい広島ラーメンのお店です。特盛チャーシュー麺を注文。とてつもない量の炙りチャーシューに圧倒されてしまいました。麺は自家製麺で香りは良いのですがちょっと茹ですぎ。次は硬麺にしてみようと思います。スープはなかなかの濃度の豚骨、ただ俺の知ってる広島ラーメンと全く違う。ニンともカンとも。次は鶏白湯にしてみようと思います。

広島ラーメンらしいのだが…

とてつもない肉量、すごい

向かいはペッパーランチ

腹ごしらえの後はちょっと雑貨屋に寄ってみました。中国の麻雀牌は日本のと余り変わらないようです。女児向けのおもちゃははっきり言ってプリキュアのパクりですが、これくらいのクオリティーで作れるならアニメ化して日本に輸出すればおもしろいのにと思いました。ちなみに「萌」は完全に中国語として定着しているようですね。

日本とほとんど変わらない。なんか5枚目のウーピンが見えるんですが…

女児向け玩具のクォリティは高い

萌は中国でも通じるようです

早めに福田に移動してパシフィックコーヒーで時間をつぶします。街はこの間とは打って変わってクリスマスムードになってきました。香港ほどではないですが。

一杯一会ですって。クリスマスツリーもお目見え

こどものアスレチックは本格的です

巨大な市民中心

中心に公園があります

公演から見た高層ビル群

開始時間の7時前まで時間をつぶしたら、市民広場に移動していよいよ開演です。沢山の人が見に来ています。

夜になったら大勢の人が集まってきました

いよいよはじまります

はっきり言ってすごい!もう一度見に来て良かった!やっぱり深圳ってすごいんですね。香港に行く方は是非、深圳まで観に行った方がいいですよ。高鉄ですぐですし。

これが動く!すごい!

帰りの福田駅でおもしろい物見つけました。図書館の自動貸出機。スマホで借りられるようです。さすが深圳、進んでいます。中国でも珍しいようで皆さん写真を撮ってましたよ。

帰りは最寄りの福田駅から高鉄で広州南まで。しかし、福田から広州へ行く電車が少ないですね。ほとんど通過するようです。一方、西九龍と福田の区間列車は多いようです。切符売り場も人が少なくてすぐ買えます。

地雷とか書いてある。ギャグなのか本気なのかわからない。

福田駅は本数が少なすぎ

帰りは高鉄

高鉄は二等車でも快適

西九龍始発です

広州タワーはビームが出るようになったようです

 

コメント