春秋航空がイケてる件

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ここ一ヶ月で春秋航空日本に3回も搭乗しました。

春秋航空日本は中国が本拠地のLCCの日本法人で、成田を本拠地に広島・高松・佐賀に就航しています。

成田の待合室は貧弱で小さい売店しかないプレハブの建物です。そこからバスで駐機場まで移動して搭乗します。

飛行機は新品のボーイング737-800で最新の内装になっています。(離着陸時にLEDで連続的に減光する

座席間隔は思ったほど狭くもなく、国内線としては普通です。また、噂通り飲み物は有料ですがコーヒーは?100で飲み放題で、他も良心的な価格です。

今のところ、折り返し時間に余裕を持たせているらしく遅れは全くありません。

佐賀線を利用しましたが、キャンペーンで?3,000で乗れました。(その代わり荷物は預けられません)普段は?5,700です。

三連休なのにキャンペーン料金で予約できるなんてどんだけ利用者が少ないのでしょうか。佐賀空港はオスプレイで離着陸回数を稼いで経営を成り立たせるしかないのでしょう。

また、佐賀空港はレンタカー48時間まで?1,000のキャンペーンもやってますので交通費がだいぶ節約できます。(本当に必死のようです)ちなみに、トヨタレンタカーで利用しましたがホームページで予約してカウンターにキャンペーン利用を申し出ればOKでした。通常価格が表示されますが大丈夫でした。こちらを参照。

出張に使う気にはなれないですが、ちょっとした旅行にはとても良いと思います。